はじ速 2chまとめ

  • Twitter
  • RSS

殺人

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489234379/
1: まとめの名無し 2017/03/11(土) 21:12:59.35 ID:CAP_USER9
麻薬組織による凶悪事件が相次ぐメキシコで、農場の敷地から男女合わせて240人以上の遺体が埋められていたのが見つかり、警察などは何らかの事件に巻きこまれたと見て詳しく調べています。

見つかった遺体は、体の特徴や一緒に見つかった服などから14歳から25歳と見られるということで、警察などは、何らかの事件に巻きこまれたと見て詳しく調べています。

メキシコでは麻薬密売組織などによる凶悪事件が相次いでいて、北部ヌエボ・レオン州でもことし1月、50人以上の遺体が埋められているのが見つかり、地元メディアは事件の背後には麻薬カルテルが関わっていると伝えています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170311/k10010907661000.html

1140
1141
1142
1143
1144
1145
1147
1146
1148
1149

【メキシコの農場で240人以上の遺体wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489193421/
10日午後7時40分ごろ、石川県穴水町麦ケ浦の能越(のうえつ) 自動車道で男性が軽乗用車にはねられ、病院に運ばれた。

意識不明の重体になった男性の親族に県警が連絡を取り、同県能登町内の住宅を調べたところ、血を流した若い女性の遺体が見つかった。
粘着テープで口と手を縛られ、頭から血を流していた。

女性は、10日、バス停で携帯電話などを残したまま行方がわからなくなり、夜になって家族から捜索願いが出された能登町の高校に通う1年の女子生徒と見られるということで、警察が確認を急いでいます。



女 性は粘着テープで口と手を縛られ、頭から血を流していた。一方、能登町内の高校に通う女子生徒が10日夕方から行方不明になる事案があり、県警は、女性が この女子生徒の可能性もあるとみて、殺人事件とみて捜査している。遺体発見現場の民家に出入りしていた男性は同日夜、同県穴水町の路上で、車にはねられ、 意識不明の重体。県警が死亡した女性と男性との関連を調べている。

 県警などによると、この男性は長野県在住の20代の男子大学生。穴水町の自動車専用道路「能越自動車道(国道470号)」で歩行中に車にはねられた。男性をはねた車の運転手は調べに「男性が飛び出してきた」と話しており、事故と自殺の両面で調べている。

 現場付近の路肩には、男性が乗っていたとみられる乗用車が停車。珠洲署員が車の名義人の関連先として能登町の2階建て民家を訪ねたところ、1階居間で女性が倒れていたという。

 一方、10日午後8時20分ごろ、能登町内の高校に通う女子生徒の父親から「娘が行方不明になった」と110番通報があった。女子生徒は同6時半ごろ、 ラインで母親に「迎えに来てほしい」と伝え、母親が出向いたが、見当たらなかった。高校前のバス停付近には女子生徒の携帯電話が入ったかばんが放置されて いたという。



ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170311/k00/00e/040/232000c#csidxe3aac186d9815308575ed0b1a89a138
Copyright 毎日新聞
10日午後8時20分ごろ、能登町内の高校に通う女子生徒の父親から「娘が行方不明になった」と110番通報があった。

女子生徒は同6時半ごろ、ラインで母親に「迎えに来てほしい」と伝え、母親が出向いたが、見当たらなかった。高校前のバス停付近には女子生徒の携帯電話が入ったかばんが放置されていたという。


1131
1132
1133
1134
1135
1135



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00000027-asahi-soci
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170311/k10010906981000.html


【【衝撃】男性、軽自動車に撥ねられ意識不明の重体 → 自宅から女子高生の遺体を発見】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1489117344/
神戸市長田区で2014年、小学1年の女児(当時6歳)が殺害された事件で、大阪高裁は10日、 殺人やわいせつ目的誘拐などの罪に問われた無職、君野康弘被告(50)を求刑通り死刑とした裁判員裁判の1審・神戸地裁判決を破棄し、無期懲役の判決を言い渡した。

樋口裕晃裁判長は「事件の計画性はなく、生命軽視の姿勢が甚だしく顕著とは言えない。死刑の判断は誤りだ」と判断した。



弁護側は事件に計画性はなかったとした上で、「遺族の処罰感情に過度な影響を受けた1審判決は量刑判断を誤った」と主張。

被害者1人の事件に死刑を適用することの是非が最大の争点だった。

判決は量刑の判断にあたり、女児に騒がれずにわいせつ行為をするため殺害したという被告の動機について検討。 「性的欲望を満たすという目的は強く非難されるが、格段に身勝手とは言えない」と述べた。

http://mainichi.jp/articles/20170310/k00/00e/040/209000c

【君野康弘被告の死刑判決取り消し 女児をわいせつ目的で拐って殺したが「格段に身勝手とは言えない」】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487453677/
1998年7月、夏祭りで振舞われたカレーにヒ素が混入、67人の死傷者を出した「和歌山毒カレー事件」。

4人を殺害し、63人を殺そうとした罪に問われた真須美は、一審二審ともに死刑判決。
2009年5月には、最高裁で刑が確定した。

判決の大きな根拠となったのは、東京理科大の中井泉教授(分析化学)によるヒ素の鑑定結果だった。

大型放射光施設『スプリング8』を用いた鑑定では、事件現場に残された紙コップに付着したヒ素と、真須美宅の台所の容器に保管されていたヒ素が同一物とされ、犯行の裏付けとなりました



しかし、弁護団の依頼でこの鑑定結果を分析し、補充書でその誤りを指摘した京大大学院の河合潤教授(材料工学)は、

「11年の秋、初めてスプリング8を用いた鑑定書を見て、すぐにおかしいことに気づきました」

同一の証拠資料を分析し、含まれている微量元素の濃度を『ピーク強度』で表したグラフが出てきます。」

「ところが、同じものなのに、複数回の測定でSn(スズ)やSb(アンチモン)の強度が異なっている。


実はスプリング8の分析とはこれほど大雑把で、例えれば料理の時、砂糖の重さを体重計で計るようなもの。誤差が大きく、事件の鑑定には不向きなのです

裁判では、現場の紙コップのヒ素のほか、通称「林真須美関連亜ヒ酸」と呼ばれるものが6種類登場した。

「地裁判決は、この6種のうちどのヒ素が紙コップにあったのかは断定せず、どれかが入れられたと述べているに過ぎない。 つまり鑑定結果は、合計7種のヒ素は全て同一物だと結論づけようとしている。 」

「最も重要な紙コップのヒ素も、他とはピークの高低差などが異なっているのに、
中井先生は『同一の工場が同一の原料を用いて同一時期に製造した亜ヒ酸』と言い切っている。科学者として一線を越えてしまったと思います」

これに対し中井教授は、

河合さんは『スプリング8は精度が低い』と主張しますが、私はある化学会社が製造した亜ヒ酸を使って、ロット(製品の入った缶)が異なると結果がどのように違ってくるのか、比較実験を行なっている。

そして、私が分析した事件に関する亜ヒ酸はみな、その他とは明らかに異なる波形パターンを示している。全てが同一の起源に由来すると、はっきり言えるのです


http://news.livedoor.com/article/detail/12692758/

no title

no title

no title

【【和歌山毒カレー事件】死刑判決が出た「林真須美」が無罪に?】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486509278/
ニューヨーク市警察は先月25日夜、ブルックリンのザラ・クームズという26歳の女を息子殺害容疑につき逮捕した。

死亡したのはザメーア・クームズ君(4)。

このたびの事件の発端はザメーア君が生卵を床に落としてしまったこと。
ザラは怒り心頭に発して息子の息の根が止まるまで棒で殴り続けたのであった。


全身打撲の末に意識を失ったザメーア君の体を、水を張ったプラスチック製の簡易バスタブに突っ込んだザラ。

変わり果てたザメーハ君の姿を発見したのはその後に帰宅したザラの交際相手、ジャマリ・リチャードソンさんであった。

彼はすぐにザメーア君をバスタブから引き揚げ、911番通報するとともに心肺蘇生を施してみたが、ザメーア君は残念ながら病院にて死亡を宣告された。

3人の子を育てていたザラには精神的な余裕がまったくなく、何か面倒なことが起きるたびに怒りをむき出しにしていた。


常軌を逸した行動で幼い非力なわが子の命を奪った例も多い。

カリフォルニア州では生後2か月の娘が電子レンジに入れられ、2分半~5分加熱されて殺された。

4人の子を育てていた母親はてんかんを患っている34歳。

「自分の中にもう1人の人格が存在し、電子レンジに子供を入れた時はてんかん発作の最中で意識が朦朧としていた」と釈明したが、第1級殺人罪で終身刑が言い渡されている。

no title

http://japan.techinsight.jp/2017/02/yokote201702031636.html
http://japan.techinsight.jp/2017/02/yokote201702031636.html/2

【【殺人】4歳の男の子、生卵を床に落とした結果 殺される】の続きを読む

このページのトップヘ