はじ速 2chまとめ

  • Twitter
  • RSS

レスリング

2chまとめでは無いですが、
ヘレンマルーリス 選手で調べてきてる人もいるようなので少し画像と経歴置いときます。

しかし、今回のオリンピック正直吉田沙保里 選手が負けるとは
全く思っていなかったのでびっくりです。
今まで圧倒的な戦績でしたからね。


no title

no title






【【画像多め】 ヘレン・マルーリスについて 経歴など 吉田沙保里に今回勝った人】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1471552620/
2000: 名無し管理人 2016/08/19(金) 05:37:00.81 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
リオデジャネイロ五輪第14日の18日、レスリング女子の53キロ級で吉田沙保里(33)は決勝でヘレン・マルーリス(米国)に1−4で敗れ、4大会連続の金メダルを逃した。また、五輪と世界選手権をあわせた世界大会の連覇も16で止まった。 

第1ピリオドから低い姿勢で相手の動きを見る吉田。タックルを果敢に仕掛けるがポイントにはつながらない。試合が動いたのは第2ピリオド。相手に背後を取られて逆転され、果敢に攻め込むが最後まで主導権は握れなかった。 

http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160819/k00/00e/050/221000c
no title

相手のヘレンマルーリス

no title

【吉田沙保里  敗  北 → 2chの反応】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1471489595/
1: まとめの名無し 2016/08/18(木) 12:06:35.46 ID:rUkBH0Zn0● BE:239650795-2BP(10400)
吉田沙保里「相手のケガ」を攻めるのは卑怯なのか?
http://president.jp/articles/-/18662
今回は、勝負に対する私の考え方をまとめてみました。勝負に優しさは邪魔
戦い方にはその人の性格が如実に出ます。普段おっとりしている選手は、スピードや瞬発力が
欠けた戦い方になるので、試合でもなかなか勝てません。

練習で相手が壁にぶつかるのを気づかって、つい力を抜いてしまう心優しい選手は、試合でも
せっかく攻めているのに詰めが甘くて簡単にバックに回られ、ポイントを奪われます。だから、
そういう性格だとなかなか強くなれないのです。

じゃあ、強い選手に共通の性格は何かというと、これは例外なく負けず嫌い。たとえば、女子69キロ級
リオデジャネイロ・オリンピック代表の土性沙羅選手。彼女は道場でスパーリングするときも、実戦
さながらの気合で向かっていくので、相手を壁に叩きつけるなんて日常茶飯事。たとえそれが先輩で
あっても、まったく遠慮しません。

それぐらい強い気持ちの持ち主じゃないと強くなれないし、世界では戦えないのです。レスリングと
いうのは格闘技ですから、やっつけにいかなければ反対にやられてしまいます。だから、どんなときも
絶対に勝つんだという強い気持ちをもち続けなければなりません。それ以外の遠慮や優しさは、マットの
上では必要ない、というか、はっきりいって邪魔なだけです。

私もものすごい負けず嫌いですよ。日常生活でも負けるのはイヤ。たとえじゃんけんだって負けたら
「クソ―、もう一回」って勝つまでやります。勝負事は絶対に勝たないと気がすまないんです。
練習中はもちろんのこと、試合になるとより一層アドレナリンが出まくります。

とくにそれが顕著なのが、外国人のかわいい選手と戦うとき。いるんですよ、海外にはときどき、
美形で手足が長くてスタイルのいい、モデルみたいな選手が。そういうときは燃えますね。
「よし、ブン投げてやる!」ですよ。
no title



私、本当に自分が女でよかったと思っています。男だったらきっと、試合で何人か相手を殺してますね。

【レスリング吉田「私自分が女で本当に良かったと思う。だって男なら何人か殺してると思うから・・・」】の続きを読む

このページのトップヘ