はじ速 2chまとめ

  • Twitter
  • RSS

サッカー

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484220738/
1: まとめの名無し 2017/01/12(木) 20:32:18.22 ID:CAP_USER9
1月7日、スペイン・マドリードでクリスティアーノ・ロナウドのバロンドール受賞セレモニーが行われ、
マイケル・オーウェンやルイス・フィーゴらかつてレアルに所属していたスーパースターたちが出席した。
その中でもひときわ目を引いたのが、“怪物”と呼ばれた元ブラジル代表のロナウドだ。

ロナウドは本人だとわからないほど激太り。同席したオーウェンにツイッターで
「自分は太っていると思っていた。でもそれもロナウドに会うまでだ」とイジられるほどのデブ化を果たしていたのだ。


日本の芸能人でいうと、出川哲朗ぐらいのルックスになっていました。
今も体型を維持しているジダンやフィーゴと並ぶと、ロナウドの太りようは異常に見えるほど。
2002年日韓ワールドカップ決勝で2ゴールを決めた時の面影は微塵もありません」(スポーツ紙記者)

ロナウドが現役を退いたのは2011年。引退から5年でここまで太ったことに驚きの声が上がっている。

「彼はもともと太りやすい体質で現役のころからぽっちゃりだったので、引退したら太るのは目に見えていましたがまさかここまでとは‥‥。
激太りしたサッカー選手といえば、アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナが思い出されます

一説によればマラドーナが太った理由は薬物の摂取によるものだとされていますが、
ロナウドは大丈夫なのか心配です。ただの体質ならいいんですが」(前出・スポーツ紙記者)

プレーで世間を驚かせた怪物が、まさか怪物のような体になって帰ってくるとは‥‥。

アサ芸プラス / 2017年1月12日 9時58分
http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_73463/

no title
画像引用元

【【サッカー】 ロナウド太りすぎwwwwww出川哲朗じゃねーかwwwwww】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1482198324/
1: まとめの名無し 2016/12/20(火) 10:45:24.13 ID:CAP_USER9
鹿島のブラジル人OBが古巣のクラブW杯準優勝をたたえた。

 ジーコ氏はフェイスブックで「曽ケ端や小笠原は私が指導した選手。本当に誇り高い。
歴史が違うRマドリードとの試合結果など関係なく、これは鹿島の勝利だ。レガシーがここにある

喜んだ。94~96年に所属したレオナルド氏はツイッターで「歴史を書き換えた偉業の一部に
自分が関われたことに誇りを感じます」とつづった。クラブ関係者によると、前監督のセレーゾ氏は
前夜の試合中、高井通訳に「柴崎はボランチで使え。そこから前に出ていくことで力を発揮する」
などと熱いメッセージを送ってきたという。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1754114.html

18日、表彰を受ける
左から鹿島MF柴崎、RマドリードFWロナルド、MFモドリッチ(撮影・江口和貴)
P2016121902618_miu_rnaudo-w300_0

ジーコ氏(写真は2013年5月17日)

sc-ziko-ty161220-w500_1

【【クラブW杯】ジーコ氏、鹿島アントラーズに対してまさかの発言・・・これは・・・】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1482120930/
1: まとめの名無し 2016/12/19(月) 13:15:30.85 ID:CAP_USER9
鹿島アントラーズは世界にそのチーム名を轟かせたことだろう。その戦いぶりは日本に勇気を与え、世界に衝撃をもたらした。

鹿島は18日、FIFAクラブワールドカップでレアル・マドリーと対戦。延長戦の末、2-4で敗れたが、一時は逆転し、欧州王者を慌てさせたことは揺るぎない事実だ。マドリードに拠点を置くスペインの日刊紙『マルカ』も鹿島の勇敢な戦いぶりを高く評価した。

チーム全体の寸評では
「鹿島はその可能性をはるかに超える大会にしたと言っていい。日本王者は、もう少しで大騒ぎを巻き起こすところだった。良いプレーを見せ、幾度かマドリーをマットに沈める機会を得た。欠けていたのは前線のクオリティーだ」と褒め称えた。

世界一に輝き、歴史に名を残すチャンスは逸してしまった鹿島だが、人々の記憶に残る戦いぶりで、今年の日本サッカーの主役になったと言っていいだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000007-goal-socc

no title

【【クラブW杯】鹿島アントラーズをマドリードのスペイン紙も称賛「可能性をはるかに超える大会にした」】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1482067660/
1: まとめの名無し 2016/12/18(日) 22:27:40.18 ID:CAP_USER9
クラブW杯決勝(18日、Rマドリード4-2鹿島、横浜国)J1覇者の鹿島(開催国枠)は欧州王者の
レアル・マドリード(スペイン)に延長戦の末、2-4で敗戦。ポルトガル代表
FWクリスティアーノ・ロナウド(31)がハットトリックを決めた。

 日本テレビで放送された中継に生出演したタレント、明石家さんま(61)は「まあ(鹿島が)がんばってくれて、
きれいに着地ができたような気持ちでホッとしてます。もし鹿島が2-1で勝っていたら、高速道路で
いろいろなことを考えてしまいそうやった
」と話した。試合を振り返ると「MVPはレフェリーです」と意味深に語った。

 前半9分にRマドリードのFWベンゼマに先制点を許しながら同44分にMF柴崎岳のゴールで1-1の
同点に追いつくと「また鹿島に僕は謝らなきゃいけない。まさかこんな展開になるとは夢にも思わなかった。
見ている方はおもしろい」とJ1覇者を絶賛した。

 前半終了時はロナウドに「なんかあったんかな。本当に元気がないんですよね。きょう点を取りにいこうとしているのか、
きのうの夜遊びなのか」
と専門誌フランス・フットボールの2016年最優秀選手賞「バロンドール」に選出された
スーパースターの不調に驚いていた。

サンケイスポーツ 12/18(日) 22:14配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00000580-sanspo-ent

no title

【【クラブW杯決勝】明石家さんま「もし鹿島が2-1で勝っていたら、高速道路でいろいろなことを考えてしまいそうやった」・・・ええ・・・】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1482066639/
http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1482071393/
1: まとめの名無し 2016/12/18(日) 22:10:39.14 ID:CAP_USER9
 FIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)決勝、レアル・マドリード対鹿島アントラーズは延長戦までもつれ込む、歴史に残る激戦となったが、主審を務めたジャニー・シカズ氏が疑惑の判定で物議を醸した。

 後半45分にDFセルヒオ・ラモスがカウンターに出ようとしたFW金崎夢生が反転したところをファウルで引き倒した。するとシカズ主審はカードをしまっている胸ポケットに手を上げて、イエローカードを出そうとした。

 セルヒオ・ラモスはこの試合で一枚イエローカードを受けていために、この瞬間2枚目のイエローカードが出て退場かとかと思われたが、なぜかザンビア人主審はカードを出さずに踏みとどまった。

 レフェリーの謎めいた挙動と疑惑のジャッジに対して鹿島イレブンは激高したが、結局はセルヒオ・ラモスはおとがめなしに終わった。

Football ZONE web 12/18(日) 21:44配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161218-00010025-soccermzw-socc


2: まとめの名無し 2016/12/18(日) 23:30:19.71 ID:Y0EbfFzo0
さて問題です、
審判はこの後、どんな行動をしたでしょうか?
no title


1.イエローカード提示
2.何もせずスルー

これで2を選択したって世界中のサッカーファンに聞いても
誰も信じないぐらいイエロー出そうとしてたのに止めるってw
【【悲報】クラブW杯決勝でシカズ主審が疑惑の判定・・・これはあかん・・・】の続きを読む

このページのトップヘ