はじ速 2chまとめ

  • Twitter
  • RSS

軍事ニュース

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1471821303/
1: まとめの名無し 2016/08/22(月) 08:15:03.26 ID:CAP_USER9
政府が、米海軍で開発が進められているレールガン(電磁加速砲)について、研究開発に本格着手する方針を固めたことが21日、分かった。
平成29年度予算案の防衛省の概算要求に関連経費を盛り込む。

米政府はレールガンを将来世代の中心的な革新的技術と位置づけており、日本としても独自に研究開発を行う必要があると判断した。

レールガンは電気伝導体による加速で発射する新型兵器。

米海軍が開発を進めているレールガンは、1分間に10発を発射することができ、時速約7240キロの速度で射程は約200キロとされる。
対地・対艦・対空すべてに活用でき、ミサイル防衛でも中心的役割を担うことが期待されている。

火砲やミサイルと比べて1発当たりのコストが低く抑えられ、中国やロシアの弾道ミサイルや巡航ミサイルを無力化できる可能性も秘めていることから、
米海軍研究局は戦争の様相を決定的に変える「ゲームチェンジャー」と位置づけている。

防衛省はこれまで、米国を中心とした国内外のレールガン関連技術の開発状況を調査するとともに、基礎技術に関する研究を行ってきた。
レールガンが米軍に実戦配備されるのは5~10年後とされているが、自衛隊に導入するためには米国側の技術協力が不可欠。

「日本側に技術の蓄積がなければ十分な協力が得られない」(陸上自衛隊関係者)という事情もあり、日本独自の研究開発を進める必要に迫られていた。
http://www.sankei.com/politics/news/160822/plt1608220009-n1.html

【軍事】米海軍、レールガンを2年以内に配備か
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1456194601/

【軍事】米海軍が発表、最新兵器「レールガン」の全貌~砲弾を200キロ先まで飛ばせる
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423318737/
no title


no title


  【防衛省 レールガン(電磁加速砲) 日本独自で開発へ】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1471134108/
1: まとめの名無し 2016/08/14(日) 09:21:48.58 ID:CAP_USER9
尖閣防衛、ミサイル開発へ…23年度の配備目標 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160813-00050138-yom-pol
no title



 政府は、沖縄県・尖閣諸島などの離島防衛を強化するため、新型の地対艦ミサイルを開発する方針を固めた。

 飛距離300キロを想定している。宮古島など先島諸島の主要な島に配備する方針で、尖閣諸島の領海までを射程に入れる。2017年度予算の防衛省の概算要求に開発費を盛り込み、23年度頃の配備を目指す。中国は尖閣周辺での挑発行動を繰り返しており、長距離攻撃能力の強化で抑止力を高める狙いがある。

 開発するのは、輸送や移動が容易な車両搭載型ミサイル。GPS(全地球測位システム)などを利用した誘導装置を搭載し、離島周辺に展開する他国軍艦などを近隣の島から攻撃する能力を持たせる。13年に閣議決定した防衛計画の大綱(防衛大綱)では、離島防衛強化が打ち出されており、開発はこの一環だ。

【尖閣防衛のためにミサイル開発へ→みんなの反応】の続きを読む

:http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1469616153/
1: まとめの名無し 2016/07/27(水) 19:42:33.39 ID:nwoO1J1l0 BE:329591784-2BP(2000)
良いニュースだ。フォード「レンジャー」とトヨタ「ハイラックス」が米国にやってくる。
だが、そのステアリングを握るには、軍隊に入って過酷な特殊作戦の訓練を受けなくてはならない。

米国特殊作戦軍は、世界最大の独立系研究機関であるバテル記念研究所との間で、既製のトヨタ「ランドクルーザー」とハイラックス、
フォードのレンジャーを装甲車両に改造する件で合意した。
この契約は5年間で最大1億7,000万ドル(約180億円)相当になる案件で、さらに2年延長される可能性もある。
これらの車両には、過酷な使用にも耐え得るサスペンションや、アップグレードされたブレーキ、ランフラットタイヤ、新しいホイール、
そして高度な通信機器や観測装置が装備される。

その目的は、敵になり得る国の交通に紛れて部隊間で通信を無事に行うために、目立たないトラックを作ることにあるという。
率直に言って、特殊作戦部隊が注目されずに移動するには、非常に賢明な方法と言えるだろう。

軍事情報サイト『Military Aerospace』によると、バテル記念研究所は「特殊作戦の通信機器を搭載する装甲したトラックおよびSUVを製作、
組み立て、統合、生産、テストするために必要なすべての資材、装備、金型、人員、施設」を提供するという。
どうやら、軍隊の外で多くの作業が行われることになるようだ。

全部で556台の車両が契約対象となっており、バテル記念研究所はその3分の2以上を装甲仕様にすると『Military Aerospace』は報じている。
特殊作戦軍が主な関心を寄せているのはトヨタが米国の消費者に販売している快適な200系のランドクルーザーではなく頑丈な70シリーズであるようだ。

なお、『Military Aerospace』では、特殊作戦軍が購入するレンジャーとハイラックスの台数の内訳については報じていない。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

http://jp.autoblog.com/2016/07/27/us-special-forces-buying-toyota-land-cruiser-hilux/
上がハイラックス
下がランドクルーザー
no title
no title

【米特殊作戦軍がついに日本製の車の〇〇を導入!!】の続きを読む

:
1: まとめの名無し 2016/07/17(日) 15:11:03.94 ID:CAP_USER9
中国軍高官「軍事力を強化」表明 南シナ海判決に不満 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160717-00000030-asahi-int


 中国軍の孫建国・中央軍事委連合参謀部副参謀長(海軍上将)は16日、南シナ海における中国の領有権を否定した常設仲裁裁判所判決を受け、軍事力を強化する方針を表明した。判決後、軍高官による公の場での発言は初めて。

 孫氏は同日、清華大学が開いた国際シンポジウム「世界平和フォーラム」での講演で語った。孫氏は「中国軍の一員として、今回の判決は軍隊に幻想を捨てさせた」と強調。「軍事力を強化し、改革を深化させ、能力をより高め、やむを得ない状況下で国家主権と権益を守るための最後の決定的な役割を発揮しなければならない」と述べ、南シナ海の権益確保のために軍事力を使った強硬手段も辞さない構えを示した。

 孫氏は判決前、中国が実効支配を進める南シナ海について「少数の国が混乱を引き起こすのを座視することはしない」と述べ、提訴したフィリピンや、南シナ海で「航行の自由作戦」を続ける米国を強く牽制(けんせい)していた。軍内部では判決への不満が強まっており、中国軍系サイトによると、判決が出た12日から14日にかけ、南シナ海海域で海軍陸戦隊による島しょ上陸作戦の演習を実施するなど軍事演習を強化。地対空ミサイルの発射訓練も行っているとの情報もある。(北京=倉重奈苗)
no title

【【戦争が起こる?】 中国が「軍事力強化」を表明、南シナ海判決に不満】の続きを読む

:
1: まとめの名無し 2016/07/11(月) 20:48:24.99 ID:iZ/WXXkP0● BE:614796825-PLT(17667) ポイント特典
【【動画】 ホバリング垂直着陸できる戦闘機F-35Bのカッコよさが話題に!!なお値段は1000億ほどする模様】の続きを読む

このページのトップヘ