はじ速 2chまとめ

  • Twitter
  • RSS

軍事ニュース

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1481952438/
1: まとめの名無し 2016/12/17(土) 14:27:18.99 ID:CAP_USER9
アメリカ国防総省によりますと、南シナ海のフィリピン・ルソン島の北西およそ90キロの海上で15日、アメリカ海軍の海洋調査船「ボウディッチ」が調査に使っていた無人の潜水機を回収しようとしたところ、接近してきた中国軍の艦艇に先にこの潜水機を引き揚げられ、奪われたということです。潜水機は、海底の地形や海水の温度と塩分濃度といった潜水艦の活動などに必要な軍事用のデータを集めていましたが、国防総省は、機密情報は含まれていないとしています。

国防総省の当局者によりますと、海洋調査船は回収作業の数日前から中国軍の艦艇に追尾されていて、回収に取りかかるため潜水機に500メートルの距離まで近づいた段階で、中国軍の艦艇に割り込まれたということです。アメリカ側はその場で無線を通じて返還を求めましたが、中国側は無視して立ち去ったということで、国防総省は外交ルートで中国政府に即時の返還を求めるとともに、強く抗議したということです。
(一部抜粋/全文はソースで)

米 南シナ海で中国軍に無人潜水機奪われる 中国政府に抗議 | NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161217/k10010810301000.html

 792

【【驚愕】中国海軍が米軍の目の前で米無人潜水機を奪う・・・その後のアメリカの対応が・・・】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1477538814/
1: まとめの名無し 2016/10/27(木) 12:26:54.52 ID:CAP_USER9
◆ロシア、史上最強の核ミサイル「サタン2」の発射試験を実施

ロシアが一発でフランスやテキサス州に匹敵する領域を焦土と化することが可能な超大型核ミサイル「RS-28 Sarmat」の発射試験を実施したことが24日、ロシア国内紙の報道で明らかとなった。
RS-28は西側では「Satan 2(サタン2)」とも呼ばれている超大型のICBMで、合計15基の核弾頭を搭載する能力を持ったものとなる。
RS-28にはまた、米国政府が開発を進めている弾道ミサイル防衛システムを無力化するカウンターメジャーも装備されており、西側の最新の防衛システムを突破して核攻撃を行う能力も有した、この種のミサイルとしては最新鋭のものとなる。

これまでのICBMは、単純な弧を描いた弾道軌道コースの元で、目標地点まで到達する方式を採用してきたのに対して、RS-28は打ち上げが行われると大気圏上層部で、極超音速飛行のモードに移行して、目標地点まで飛行を行うという独自の方式を採用したものとなっている。
このサブオービタル飛行コースの場合、米国が開発を進めている、ミッドコース、ターミナルフェーズのどちらの弾道ミサイル防衛においても迎撃を行うことは困難で、ロシアは米国の最終防衛圏を突破して相手国に核攻撃を行うことが可能となることとなる。

ただし、RS-28の飛行メカニズムについては現状、詳細は明らかにはなっていない。
ロシア政府では、来年からRS-28の生産を開始した上で、2018年中に実戦配備することを予定している。

写真:RS-28
201610251436380000

(▼続きはリンク先の記事ソースでご覧ください)

ビジネスジャーナル 2016/10/26
http://business.newsln.jp/news/201610251436380000.html

前スレ(1が立った日時:2016/10/26(水) 23:59:22.16)
http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1477493962/



【【おそロシア】アメリカのミサイル防衛システムですら迎撃できない核ミサイルを開発! しかも、フランスは一発で焦土と化す威力・・・これはヤバイ・・・】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1476761643/
1: まとめの名無し 2016/10/18(火) 12:34:03.27 ID:qqruQo/90 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/monatya.gif
尖閣沖 中国海警局の4隻が領海侵入

10月18日 12時26分

沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻が日本の領海に侵入しているのが確認され、海上保安本部は直ちに領海から出るよう警告を続けています。

第11管区海上保安本部によりますと、18日午前3時前から6時半ごろにかけて、中国海警局の船4隻が、尖閣諸島の魚釣島と久場島の沖合で、日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しているのが確認されました。
その後、4隻は午前10時ごろから尖閣諸島の南小島の沖合から日本の領海に相次いで侵入し、午前10時半現在、南小島の南およそ18キロから20キロの領海内を航行しているということです。
海上保安本部は直ちに領海から出るよう警告を続けています。

尖閣諸島の沖合で中国海警局の船が領海に侵入したのは今月8日以来で、ことしに入って合わせて30日になります。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161018/k10010733611000.html
no title

【【速報】中国の武装艦隊、日本の領海に侵入中】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1471821303/
1: まとめの名無し 2016/08/22(月) 08:15:03.26 ID:CAP_USER9
政府が、米海軍で開発が進められているレールガン(電磁加速砲)について、研究開発に本格着手する方針を固めたことが21日、分かった。
平成29年度予算案の防衛省の概算要求に関連経費を盛り込む。

米政府はレールガンを将来世代の中心的な革新的技術と位置づけており、日本としても独自に研究開発を行う必要があると判断した。

レールガンは電気伝導体による加速で発射する新型兵器。

米海軍が開発を進めているレールガンは、1分間に10発を発射することができ、時速約7240キロの速度で射程は約200キロとされる。
対地・対艦・対空すべてに活用でき、ミサイル防衛でも中心的役割を担うことが期待されている。

火砲やミサイルと比べて1発当たりのコストが低く抑えられ、中国やロシアの弾道ミサイルや巡航ミサイルを無力化できる可能性も秘めていることから、
米海軍研究局は戦争の様相を決定的に変える「ゲームチェンジャー」と位置づけている。

防衛省はこれまで、米国を中心とした国内外のレールガン関連技術の開発状況を調査するとともに、基礎技術に関する研究を行ってきた。
レールガンが米軍に実戦配備されるのは5~10年後とされているが、自衛隊に導入するためには米国側の技術協力が不可欠。

「日本側に技術の蓄積がなければ十分な協力が得られない」(陸上自衛隊関係者)という事情もあり、日本独自の研究開発を進める必要に迫られていた。
http://www.sankei.com/politics/news/160822/plt1608220009-n1.html

【軍事】米海軍、レールガンを2年以内に配備か
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1456194601/

【軍事】米海軍が発表、最新兵器「レールガン」の全貌~砲弾を200キロ先まで飛ばせる
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423318737/
no title


no title


  【防衛省 レールガン(電磁加速砲) 日本独自で開発へ】の続きを読む

このページのトップヘ