はじ速 2chまとめ

  • Twitter
  • RSS

野球

http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1500126440/
1: まとめの名無し 2017/07/15(土) 22:47:20.53 ID:2gOt7q10d
2006年(18歳) 6本
2007本(19歳) 12本
2008年(20歳) 52本
2009年(21歳) 99本
2010年(22歳) 134本
2011年(23歳) 73本
2012本(24歳) 67本
2013年(25歳) 69本
2014年(26歳) 39本
2015年(27歳) 29本
2016年(28歳) 25本
2017年(29歳) 18本

合計 623本

【つぼみ(18歳) 2006年 6本 (AV出演本数)】の続きを読む

http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1499695222/
拓大紅陵高元野球部員の少年3人、売春あっせん容疑で逮捕

甲子園の常連校として知られる千葉県の強豪高校の野球部員だった少年3人が、知人の少女に売春をさせていたとして警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、千葉県木更津市にある拓殖大学紅陵高校の元野球部員の少年(18)ら3人で、今年、知人の少女を30代の男性客に引き合わせ、売春をさせた疑いが持たれています。

少年3人は犯行当時、いずれも野球部に所属していましたが、現在は退学しているということです。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170710-00000096-jnn-soci

【【驚愕】強豪高校の野球部員、売春あっせんして逮捕wwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1499598804/
米大リーグ・ドジャースの前田健太投手(29)が2017年7月8日(日本時間)にインスタグラムへ投稿した画像に「旭日旗」が写っていたことに、韓国のネットユーザーから批判が相次ぐ騒ぎがあった。

問題となった投稿は、前田投手が8日の登板で好投し勝ち投手になったことを報告するもの。そこには、旭日旗が描かれたハチマキを頭に締めて笑顔を浮かべるトレーナーとのツーショット写真が掲載されていた。

no title



こうした投稿は、韓国の大リーグファンが集まるネット掲示板「MLBPARK」で紹介され、物議を醸すことになった。

この掲示板上には、

  「前田健太には本当に失望した」
  「もう応援できない」
  「ドジャースに謝罪や再発防止を要求できる事案だ」
  「西洋人(=ジョニー氏のこと)は何も知らなかっただろうし、前田がプレゼントしたんだろう」

といった批判的な投稿が100件以上寄せられている(原文はいずれも韓国語、編集部で翻訳)。

また、ドジャースには韓国のリュ・ヒョンジン選手も所属していることから、 「リュ・ヒョンジンに配慮しろ」といった意見もみられた。



今回の前田投手の投稿は、韓国の日刊スポーツ紙「スポーツワールド」(ウェブ版)でも、7月9日配信の「ドジャース前田、旭日旗ハチマキで議論...ネットユーザー『正気か』」と題した記事で報じられている。

韓国ネットユーザーの批判は上述の掲示版だけにとどまらず、前田投手のインスタグラム上にも寄せられ、なかには日本語で前田投手を批判するユーザーも出ていた。

こうした動きを受け、前田投手は9日朝までに問題となった投稿を削除している。

だが、それでも一部のユーザーの怒りは収まらないようで、他の投稿に対しても、

  「あなたが旭日旗をアップロードしたことに失望しました」
  「旭日旗再び使用しないでください」

といった批判的なコメントが寄せられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170709-00000009-jct-soci
【【悲報】前田健太投手、ネトウヨだったwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

http://hawk.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1498748795/
1: まとめの名無し 2017/06/30(金) 00:06:35.44 ID:jakPvaiz0
さて、明日の朝は、ダメビッシュ、いや、ビビリッシュ、あっ違った、ダルビッシュ投手のピッチングにハラハラすることになるのでしょうか?

http://ameblo.jp/itsuyaruka/entry-11326966291.html

【林修「さて、明日の朝は、ダメビッシュ、いや、ビビリッシュ、あっ違った、ダルビッシュ投手」】の続きを読む

このページのトップヘ