はじ速 2chまとめ

  • Twitter
  • RSS

野球

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1480579458/
1: まとめの名無し 2016/12/01(木) 17:04:18.94 ID:CAP_USER9
サンケイスポーツ 12/1(木) 17:00配信

今年話題になった言葉に贈られる「2016ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、発表され、年間大賞にプロ野球広島のリーグ優勝の“合言葉”となった「神ってる」が選ばれた。

「神ってる」は25年ぶりにプロ野球、セ・リーグを制した広島の緒方孝市監督(47)が、
6月17、18日のオリックス戦で2試合連続のサヨナラ本塁打を放った鈴木誠也外野手(22)に、「今どきの言葉でいうと『神ってる』(神がかっているの意味)」と絶賛した言葉
だった。

流行語トップテン

・聖地巡礼
・トランプ現象
・ゲス不倫
・マイナス金利
・盛り土
・保育園落ちた日本死ね
・ポケモンGO
・(僕の)アモーレ
・PPAP

流行語トップテンは「神ってる」の他に、妻帯者だった人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(27)とタレント、ベッキー(32)が交際していた「ゲス不倫」、
映画「君の名は。」に登場する場所を訪れる「聖地巡礼」、次期米大統領に就任するドナルド・トランプ氏(70)による「トランプ現象」、
謎の中年歌手、ピコ太郎(53)が歌う「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」、保育所の入園選考にもれた母親が率直な心境をつづったインターネット上の記事「保育園落ちた日本死ね」、
サッカー日本代表DF長友佑都(30)が女優、平愛梨(31)との交際宣言の際に使用した「(僕の)アモーレ」、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」、日銀が今年初めて導入した「マイナス金利」、
豊洲市場の問題の「盛り土」が選ばれた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000574-sanspo-ent
no title


【【新語・流行語大賞】「神ってる」が年間大賞wwwwwこれは納得、知らない奴いないわwwwwwww】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1479042819/
1: まとめの名無し 2016/11/13(日) 22:13:39.18 ID:CAP_USER9
動画


野球日本代表「侍ジャパン」の強化試合・オランダ戦(13日、東京ドーム)で、大谷(日本ハム)が規格外の一打を放ち、場内を驚かせた。

2―8の7回に代打で登場すると、高めのボール球を完璧に振り切った。高々と右方向へ舞い上がった打球は天井の隙間に吸い込まれる。
悠々とダイヤモンドを1周した大谷だったが、審判が協議した結果、東京ドームの特別規約もあって二塁打と判定。苦笑いを浮かべながら二塁に戻った。

藤浪(阪神)や菅野(巨人)もベンチから身を乗り出して打球の行方を確認し、その驚異的な弾道にあぜんとした。

大谷の一打の後、打線がつながり、一挙6得点で試合を振り出しに戻した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161113-00000031-tospoweb-base
東スポWeb 11/13(日) 21:07配信

no title


【【大谷翔平】東京ドームの天井に打球が突き刺さるwww漫画かよwwww】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477367724/
1: まとめの名無し 2016/10/25(火) 12:55:24.24 ID:CAP_USER9
今季の田中将大に米サイト「B」評価も…ファンからは不満殺到「Aに値する」
Full-count 2016年10月25日 11時57分 (2016年10月25日 12時05分 更新)

http://www.excite.co.jp/News/baseball/20161025/Full_count_49248.html

no title


自己最多14勝の田中、米サイト高評価も“採点”にファンから不満の声

 今季、メジャー自己最多の14勝(4敗)をマークしたヤンキースの田中将大投手が米メディアから「B+」の評価を受けた。これに対してファンからは「A」に値するとの声も寄せられている。

 米スポーツ専門サイト「SBネーション」が今季のヤンキース所属選手の成績を総括し、選手ごとに“採点”を実施。田中は「B+」の評価を受けた。

 メジャー3年目で初めてシーズンを通して先発ローテを守り、自己最多の31試合に登板。200イニングまで3分の1イニング足りなかったものの、14勝4敗、165奪三振、防御率3.07、WHIP(1イニングあたりの安打数+与四球数)1.08。
勝ち星こそリーグ11位だったが、防御率は同3位、WHIPは同5位の好成績だった。

 チームを牽引した右腕について、記事では「2016年、エースとしてマサヒロ・タナカはヤンキースの期待に応えた」とレポート。シーズン終盤に右前腕の張りのために登板を回避した点のみを「汚点」と表現したが、全体としては高い評価が与えられている。

 しかし、採点が「B+」となったことに関してはファンからは疑問が殺到。「彼はAに値する」、「私もA当確だと思ったんだけど」、「最低でもタナカはA、もしくはA-に値する」、「もしタナカがB+なら一体誰がAだって言うんだ? 彼はシーズンを通じてプレーした。間違いなく最高の選手だよ」、
「タナカはA評価を受けるために一体何をすべきだったんだろう? つまり、彼は本当に、本当に良かった」などのコメントが相次いで寄せられた。今季、9勝12敗、防御率3.91だったCCサバシアに「A-」の評価が与えられたことも、田中の評価に対する不満を呼ぶ要因となったようだ。
以下ソース参照

【【MLB】今季の田中将大の評価は「B」、一方「A」評価を受けた選手の成績を見ると・・・・・・・・・・・・・】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1469864486/
1: まとめの名無し 2016/07/30(土) 16:41:26.45 ID:hpbmRMCl0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
マーリンズのイチロー外野手(42)が29日(日本時間30日)のカージナルス戦で見事なレーザービームを見せた。

 メジャー通算3000安打まであと2本としていたイチローは、この試合に「3番・左翼」で先発出場。
残念ながらヒットは出なかったが、矢のような送球で地元ファンを沸かせた。

 4回、3―1とリードのカージナルスはウォンの三塁打で1死三塁と好機。
ここでガルシアの左飛で三走・ウォンが本塁へのタッチアップを試みたが、42歳の肩が25歳の足に勝った。
メジャーリーグの計測システム「スタットキャスト」によると、
イチローのこの送球は時速147・4キロを示し、72・8メートルを旅したとのこと。

 本塁でタッチアウトとなったウォンはイチローの衰えぬ肩にあらためて感嘆。
「彼が強肩なのはみんな知っているだろ。打球がレフトに飛んだ瞬間、これはまずいなと思ったよ。
頭を下げて全力疾走したけれど、やっぱりアウトにされてしまったね」と試合後に語っていた。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/07/30/kiji/K20160730013064190.html
no title

【【動画】 イチローがレフトからホームへ72.8メートルの距離を投じたレーザービーム、その球速がやばいwwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ