はじ速 2chまとめ

  • Twitter
  • RSS

雑多ニュース

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1477580177/
1: まとめの名無し 2016/10/27(木) 23:56:17.80 ID:bOSc0RS80 BE:544270339-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
ミス近畿大学2016 (近畿大学)
https://misscolle.com/kindai2016
no title


ENTRY 01
今澤まみImazawa Mami
文芸学部舞台芸術学科2年
no title


ENTRY 02
森継亜美Moritsugu Ami
総合社会学部総合社会学科3年
no title


ENTRY 03
松本優Matsumoto Yu
総合社会学部1年
no title


ENTRY 04
喜島真帆Kijima Maho
文芸学部文学科3年
no title


ENTRY 05
木村南Kimura Minami
経営学部会計学科3年
no title


ENTRY 06
武田麻里Takeda Mari
総合社会1年
no title


ENTRY 07
川口彩乃Kawaguchi Ayano
経済学部経済学科2年
no title

【【ミスコン】ミス近畿大学の候補者が公開・・・これは・・・】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1477540314/
1: まとめの名無し 2016/10/27(木) 12:51:54.35 ID:CAP_USER9
.
携帯電話やスマートフォンでメールなどをやり取りする際に使われ、今では世界中に広まっている日本が発祥の「絵文字」が、美術作品としてアメリカの

ニューヨーク近代美術館のコレクションに加えられ、美術館は「デザインの力で、人々のコミュニケーションの方法を変えた」と評価しています。


アメリカ・ニューヨークのマンハッタン中心部にあるMoMA=ニューヨーク近代美術館は、19世紀の絵画から現代美術まで15万点を超える作品を所蔵する世界有数の美術館です。

このコレクションに、日本が発祥で、1999年に初めて携帯電話に導入された「笑顔」や「泣き顔」など176種類の絵文字が、このほど美術作品として加えられました。

絵文字は、NTTドコモでiモードの開発に関わった栗田穣崇さんが生みの親とされ、限られた文字数の中で感情を表現する手段として、またたく間に広がりました。

その後改良が重ねられてスマートフォンでも使われるようになり、去年、イギリスのオックスフォード辞典が、「今年の言葉」として「喜びの涙を流す顔」の「emoji」を選ぶなど、世界中で定着しています。

ニューヨーク近代美術館は、「デザインの力で人々のコミュニケーションの方法を変えた」と評価しています。コレクションに加えられた絵文字は、

12月10日から印刷された状態やモニターの画面に映しだされた状態で展示されるということです。

@依頼スレ
NHK NEWS WEB(10月27日 10時03分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161027/k10010746041000.html
no title

【【衝撃】ニューヨーク近代美術館、日本発祥の意外な物を美術作品としてコレクションに加える・・・・・・これも美術作品に入るのか・・・・・・】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1477203938/
1: まとめの名無し 2016/10/23(日) 15:25:38.88 ID:CAP_USER9
 23日午前7時半~8時ごろにかけ、京都府舞鶴市与保呂の路上で、同市内の男性2人が相次いでシェパードにかまれた。京都府警舞鶴署によると、2人はシェパードを取り押さえたが、複数回かみつかれ、自営業の男性(66)が中指を切断するなどし、男性会社員(64)が両腕をけがするなど、いずれも重傷だという。

 同署によると、シェパードは体長約1・5メートル。近くの町工場の敷地内で飼われている3歳のオスで、見つかったときには首輪とリードをしていた。

 飼い主の男性は「知らないうちに逃げていた」と説明し、リードにちぎれたような痕跡があった。同署は、何らかの理由でリードがちぎれてシェパードが逃げ出した可能性があるとみて、係留状況を含め、同府動物愛護条例違反容疑も視野に調べている。

 同署によると、23日午後7時半ごろ、庭掃除をしていた自営業の男性が路上を歩いているシェパードを発見。捕まえようとしたところ、もみ合いになった。さらに目撃した男性会社員が加勢し、2人ともかまれたという。

 飼い主によると、シェパードは狂犬病の予防接種は受けていたという。

2016.10.23 14:59
http://www.sankei.com/west/news/161023/wst1610230034-n1.html
no title

シェパードの参考動画





【【京都府舞鶴市】シェパードによって指切断される 男性2人重傷】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1477036870/
1: まとめの名無し 2016/10/21(金) 17:01:10.66 ID:CAP_USER9
13世紀に頭蓋骨に傷を負って死亡した男性の遺骨が2014年に、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州のトゥーレイル国立公園にある川岸で発掘された。この男性は、先住民のアボリジニが使っていたブーメランが頭に刺さった可能性がある。

この口をあんぐりと開けた人骨を分析した研究者グループは、人骨は13世紀に暴行を受けて死んだ青年のものと考えており、頭蓋骨の深い傷は、木製の刃のついたワォンナという戦闘用ブーメランで一撃を食らった傷とみられる。

「ワォンナが戦闘用の武器として使うとすれば、斧のように使われたと思われます」と、オーストラリア・グリフィス大学の考古学者マイケル・ウェスタウェイ博士はニューヨーク・タイムズに語った。ウェスタウェイ博士はこの骸骨の分析した論文の主要著者でもある。「非常に恐ろしい武器だったと思われます。顔面への一撃で直ちにショック状態を起こすほどのものでした」

この遺骨は、バーキンジと呼ばれる地元原住民のウィリアム”バッジャー”ベイツさんが、崩れた頭蓋骨が地面から突き出しているのに気がついた。 

続きはソース元で
http://www.huffingtonpost.jp/2016/10/20/boomerang-attack_n_12580484.html
 
発掘途中の遺骨
no title

【【歴史】ブーメランが頭に刺さって死亡 13世紀の男性の遺骨から判明】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1476972610/
1: まとめの名無し 2016/10/20(木) 23:10:10.86 ID:CAP_USER9
「日本三大都市」はどこか──。しばしば論争になるのは、「東京、名古屋、大阪」か「東京、横浜、大阪」か問題だ。人口・市内総生産とも横浜が名古屋を上回るのに対し、河村たかし・名古屋市長が「東京と横浜は印象として一緒、名古屋が日本三大都市でなんで批判されにゃあならんの?」(『週刊ポスト』8月19・26日号)と発言し、一歩も譲らない。

だが、実は日本にもう一つ、自分たちこそ三大都市の一角だと“思い込んでいる”地域がある。福岡市民だ。福岡市は人口では東京を除いて全国5位、市内総生産でも5位と数字上は三大都市にほど遠いが、少なからぬ福岡市民は、「福岡が日本三大都市の一つ」と信じてやまない。

それがまかり通るのも、彼らの郷土愛が強すぎるゆえ。福岡市出身の漫画家、倉田真由美氏も「福岡より都会って言ったら東京と大阪しかないじゃないですか?」と“三大都市伝説”を当然のように支持した上で、郷土愛を熱く語る。

福岡はいいところばかりですよ。働くなら東京がいいけど、暮らすには福岡がいい。海がキレイで山もあって、コンパクトに都市があり、何もかもある。魚、肉、野菜、生鮮食品がとてもおいしい。地元愛を強調しすぎと言われるけど、だって、本当にいいとこなんだもん。悪いとこがあったら言ってみて、って感じですね

たしかに、福岡の暮らしやすさは世間も認めるところ。一昔前のサラリーマンは、福岡・博多に単身赴任する男性を「博多チョンガー」(独身男性の意)、略して「博チョン」と呼び、メシがうまくて美女が多い博多での単身生活を羨んだ。

最近ではさらに、住み心地が良すぎるため、転勤してきたサラリーマンが本社に帰りたくなくなってしまう現象として「福岡ブラックホール説」まで唱えられている。

ただし、この「ブラックホール説」にも異論が出ている。今年8月、福岡市に本社を置く西日本新聞の経済電子版に掲載された、「転入組にあえて聞く『本当は福岡が嫌い?』『福岡ブラックホール説』には盲点があった」という記事が、福岡市民に衝撃をもたらした。

市外からの転入者に本音を聞く匿名座談会で、「福岡は好きか」の問いに出席者たちは迷わず手を挙げたものの、次に「本当は福岡に嫌いなところがある人は」と聞くと、「博多弁で心の距離を近づけてくる」「車の運転や地下鉄のマナーが悪い」など次々に不満が爆発したのだ。

しかも、出席者はみな九州出身者で、東京出身者からは「価値観を押しつけられるのでは」「論破されそう」といった理由で取材を断わられたという。記事はこう結ばれる。

転勤者を魅了する街、福岡。しかし、同時に、地元愛からなのか、市外の人が「ノー」と言いづらい土壌を、無意識につくりだしてはいないだろうか。たとえば、ラーメン。「豚骨に限るやろ」。街を訪れた人に、そう“強要”することはなかっただろうか。「僕は醤油が」という声を、否定することはなかっただろうか

批判さえも許さないほどの郷土愛──それが「博多っ子純情原理主義」なのだ。

※週刊ポスト2016年10月28日号
http://www.news-postseven.com/archives/20161020_457253.html
fukuoka_hakata_nakasu_image

【福岡ブラックホール説 日本三大都市の一つ「福岡」の住み心地が良すぎてヤバイ】の続きを読む

このページのトップヘ