はじ速 2chまとめ

  • Twitter
  • RSS

芸能

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487850142/
昨年8月に強姦致傷容疑で逮捕され不起訴処分になった元俳優の高畑裕太の母である女優の高畑淳子が報道陣相手に大暴れ

高畑は今月13日、NHKの「スタジオパークからこんにちは」でテレビ復帰。

生放送を終え自家用車で都内の一軒家に戻ると、復帰についてのコメントをもらおうと待機していた報道陣を一瞥。

途端に表情を一変させ、運転席から飛び降りると、報道陣に向かって般若のような形相で、「あなたたち、何やってるの! 私が何をしたんですかぁッ!」と言い放ったという。

 さらに、「カメラを下ろしなさい! ひとりひとり名刺を出しなさいよ!」と名刺を出させ、あるテレビ局のカメラマンだけ名刺を持参していなかったところ、「名前を言いなさい!」と詰め寄り、「私も写真を撮らせてもらいます!」と絶叫。


報道陣にスマホを向け、約50センチの至近距離からひとりひとりの写メを撮影。


高畑は事件について「息子はハメられた」と未だに納得せず。

また、逮捕で発生した億単位の賠償金に頭を悩ませ、母親が住んでいた実家を売却してしまったという。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12712193/

no title

【【悲報】高畑淳子さん、発狂wwwwwwwww】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487893156/
ゆうこりんの夫でカリスマ美容師の菊地勲氏は多い時は週に3回、知人男性と会員制キャバクラ『X』を訪れるという。

夜10時ごろから深夜1時くらいまで飲んで、お会計はだいたい20万円前後だそうだ。

『X』の常連客は語る。

「彼の暴言がひどいんですよ。

キャバ嬢が『ゆうこりん(小倉優子)が奥さんなんて最高だよね。 メチャかわいいよね』と振るでしょ?

そしたら『全然かわいくねーよ』『ヨメさん、女として見れないから』 なんて言葉が返ってくる。

『お料理が得意なんでしょ? そんなこと言ったらバチがあたるよ~』と説教したら、『本とか出してるクセにマズいんだよ』って。」

「ゆうこりんがさ、テレビで夫婦円満の秘訣として『夫が毎日飲みに行っても黙認する。朝何時に帰ってきても、お帰りなさいと言う』なんて言ってたのを観てたから、切なくてさ……

ゆうこりんが第2子を妊娠していた昨年8月、菊地氏とゆうこりんの後輩アイドルとのゲス不倫を
『週刊文春』に報じられ、夫婦仲は危機に陥った。

広告代理店関係者が言う。

「現在、夫婦は別居しており、菊地さんは第2子が生まれて3ヵ月以上たったいまも『名前すら教えてもらってない』 とコボしています」

1月下旬、本誌は愛息を幼稚園に迎えに来たゆうこりんを目撃しているが、彼女の薬指からは結婚指輪が消えていた。

FRIDAY最新号では、『X』に通う菊地氏の写真も掲載している。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00010000-friday-ent
 
no title

【【FRIDAY】小倉優子さん、離婚への道を着々と進んでいくwwwwww】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487638846/
1: まとめの名無し 2017/02/21(火) 10:00:46.57 ID:CAP_USER9
女優・西内まりや(23)主演のフジテレビ系「月9」ドラマ「突然ですが、明日結婚します」第6話の平均視聴率が6・2%だった。前回6・6%を記録。

昨年4月から放送され、「月9」史上最低視聴率だった「ラヴソング」の最低聴率6・8%を“更新”した同ドラマだが、今回、さらに0・4ポイント下回り、月9ワースト記録となった。

 それでも、同局の番組を放送終了後7日間、ネットで無料で見られる「プラスセブン」、民放公式テレビポータル「ティーバー」などでの見逃し視聴率が高い同作品。

中でも14歳からF1層(20歳から34歳までの女性)にかかる女性人気が高く、
リアルタイム視聴率以上に録画でじっくり見る女性視聴者が多いと見られる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000064-sph-ent

no title

【【悲報】西内まりや主演のドラマ「突然ですが、明日結婚します」、月9史上最低記録をまたまた更新wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487619762/
宗教法人「幸福の科学」に出家した女優清水富美加(22)の交際相手だった既婚者のバンドマンが過去に不倫関係にあったことを認め、所属事務所に報告したことが20日、分かった。

 スポニチ本紙が19日付で報じた元交際相手のバンドマンは、人気ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(26)

清水は千眼美子名義で17日に出版した著書「全部、言っちゃうね。」で、出家にあたり「悩みの種だった好きな人も忘れました」とつづっていた。

飯田の所属事務所は

「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます。今回の件については奥さんとも十分に話し合い、2人の間でも解決したとは聞いています」

と説明。

・清水富美加と交際していたことを認めた「KANA―BOON」の飯田祐馬

no title

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/20/kiji/20170221s00041000084000c.html

【清水富美加さん、KANA-BOON飯田と不倫していたwwwwwwwww】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487543028/
覚醒剤を使用したとして昨年11月に逮捕されたが、不起訴処分で釈放された歌手ASKA(58)が17日、一連の逮捕劇をつづった著書「700番 第二巻/第三巻」を発売した。

タイトルの「700番」とはASKAの留置場番号だという。



「お茶を入れたはずなのに、科捜研の鑑定で覚醒剤反応が出た。ASKAはその後、科捜研の鑑定を正しいとしたことで、余計にナゾが深まってしまいました」(ワイドショー関係者)

同書によると、カラクリはこうだ。

まずお茶を入れたとされるスポイトは、3年前に実際に覚醒剤を使用した際、所属事務所社長が持ってきた検査キットの付属品だったという。

組対5課が来ることを知ったASKAは、そのスポイトが自宅に残っていたことを思い出す。

「お茶を吸わせ、ポケットに仕舞っておこう。あれなら、最小限の動きですむ」(同書から)

さらにトイレで尿を採る際には「僕は、まだ犯人ではないんですよ。ドアを閉めてください!」と主張。警察の監視を逃れたASKAは、スポイトでお茶を入れたのだ。

科捜研で覚醒剤反応が出たのは、スポイトに前回使用時の覚醒剤が付着したままだったから。確かにこれならつじつまは合う。

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/653427/

no title

【ASKAさん、尿検査で警察に覚醒剤反応を出させた手口を明らかにするwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ