はじ速 2chまとめ

  • Twitter
  • RSS

ニュース

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487457399/
オフィス用品の通販大手「アスクル」の埼玉県三芳町にある物流倉庫で起きた火災は、出火から3日近くがたった今も鎮火の見通しは立っていません。

19日午前0時すぎには「倉庫で爆発音があった」という通報があり、三芳町は周辺の住宅に危険が及ぶおそれがあるとして、午前3時に西側に住む3世帯7人に避難勧告を出しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170219/k10010882131000.html


1004

1005

1008

1006

1007



【【悲報】アスクル、火事になって3日経つのにまだ燃えてる】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487327075/
no title
https://twitter.com/NissanJP/status/715042978801328128?ref_src=twsrc%5Etfw

警視庁広報課 @MPD_koho
【広報課】警視庁は新型パトカーを導入しました。
日産自動車の「フェアレディZ」を同社のレーシングブランド「NISMO」が高性能化した車両です。
高速隊などに配備されています。
https://twitter.com/MPD_koho/status/716868963800453120?ref_src=twsrc%5Etfw

no title
 
日産の公式アカウントのツイートによると、
新型パトカーの「フェアレディZ」は3台納品されたそうです。

大人気ドラマ『西部警察』を思い出させてくれます…。
「フェアレディZ」がパトカーになる..。大人気ドラマ『西部警察』を彷彿させてくれますね。

ゴールドのボディにガルウィングドアを備える、西部警察のスーパーZ。
ベースとなったのは2代目でもある「S130型フェアレディZ」だそうです。

「はい、大門です!!」そんな言葉も聞こえてきそうですね。



警視庁の「フェアレディZ」の導入に、Twitterユーザーも様々な反応を示しています。

「これは日産自動車さんからの寄付ということでしょうか?それとも僕らの貴重な税金で購入したものなんでしょうか? 後者だとしたら税金の無駄遣いと言わざるを得ません。そもそも警察は高級車使いすぎです!」

「批判する人もいるようですが、対抗するための実質的な目的と、相手に対する精神的な抑止力として、必要だと思います。 こういうものが必要でない社会になるのが一番ではあるのですが・・・。 」

http://cyclestyle.net/article/2016/04/12/34713.html
http://cyclestyle.net/article/2016/04/12/34713_2.html

【【画像】警視庁、新型パトカーに日産「フェアレディZ」を導入】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487284712/
千葉県北西部で昨年5月、一軒家のごみがたまった一室から、足が壊死(えし)した状態の高齢女性が救出されていたことが分かった。

女性は生活意欲などの衰えから身の回りのことができなくなるセルフネグレクト(自己放任)の疑いがある。

専門家は「他人の世話になりたくないなど、ごく普通の理由からセルフネグレクトは誰でもなり得る。高齢化が進み、この問題に向き合わなければ今回のような事例は増えていく」と警鐘を鳴らす。

 女性宅がある自治体などによると、女性は60代後半で、70代の夫と30代の娘の3人で暮らしていた。

夫はがんを患っており、往診のために医師が昨年4月に訪れたところ、2階にごみだらけの部屋があることに気付き、自治体に連絡。

夫はその直後に亡くなったが、葬儀に女性は参列せず、自治体の職員が安否確認のため娘に「お母さんに会わせてほしい」と依頼した。

しかし、娘は「母は会いたくないと言っている」と拒んだという。

 自治体が調べると、女性は定期的にかかりつけ医に診てもらっていたが、ここ1年半ほど受診歴がなかった。

このため自治体は地元の警察署に相談。警察官による周辺への聞き込みで「最近顔を見ていない」などの証言を得た。

生命や健康が損なわれている事態も予想されたことから、5月12日、警察官数人が保健師らとともに女性宅に踏み込んだ。

 女性は2階の部屋でレジ袋やペットボトル、ヨーグルトのカップ、おにぎりを包んでいたアルミホイルなど大量のごみに埋もれ、あおむけに顔だけを出していた。

警察官が声を掛けると「大丈夫です」と返事をしたものの、自ら動けない。

救助工作車とレスキュー隊が出動し、病院に救急搬送。

女性の両足の先端部は真っ黒な状態で壊死していた。
女性の食事は娘が運び、トイレはおむつで済ませていたという。


救出時、娘は「母のことを誰に相談すればいいのか分からなかった」と涙したといい、女性は今も入院中だ。


地元警察署の幹部が「教訓」としたのは、2011年12月のストーカー殺人事件だ。

千葉県習志野市で女性と同居していた男(当時27歳)が、長崎県の実家から女性を連れ戻そうとして、女性の祖母(同77歳)と母(同56歳)を殺害、死刑が確定した。

事件ではストーカー被害を相談されていた千葉県警や長崎県警に連携不足などの問題が浮上。

警察庁は翌12年、署から本部への速やかな報告や警察間の連携などを求める通達を出した。

 地元署から連絡を受けて対応に当たった千葉県警子ども女性安全対策課も「習志野の反省があったので『連携が必要』となった」。

同課は「生命にかかわりかねない事案は行政や警察にまず相談を」と呼び掛けている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000008-mai-soci

no title

【【悲報】ごみ部屋で暮らしていた女性、両足が壊死してしまう】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486509278/
ニューヨーク市警察は先月25日夜、ブルックリンのザラ・クームズという26歳の女を息子殺害容疑につき逮捕した。

死亡したのはザメーア・クームズ君(4)。

このたびの事件の発端はザメーア君が生卵を床に落としてしまったこと。
ザラは怒り心頭に発して息子の息の根が止まるまで棒で殴り続けたのであった。


全身打撲の末に意識を失ったザメーア君の体を、水を張ったプラスチック製の簡易バスタブに突っ込んだザラ。

変わり果てたザメーハ君の姿を発見したのはその後に帰宅したザラの交際相手、ジャマリ・リチャードソンさんであった。

彼はすぐにザメーア君をバスタブから引き揚げ、911番通報するとともに心肺蘇生を施してみたが、ザメーア君は残念ながら病院にて死亡を宣告された。

3人の子を育てていたザラには精神的な余裕がまったくなく、何か面倒なことが起きるたびに怒りをむき出しにしていた。


常軌を逸した行動で幼い非力なわが子の命を奪った例も多い。

カリフォルニア州では生後2か月の娘が電子レンジに入れられ、2分半~5分加熱されて殺された。

4人の子を育てていた母親はてんかんを患っている34歳。

「自分の中にもう1人の人格が存在し、電子レンジに子供を入れた時はてんかん発作の最中で意識が朦朧としていた」と釈明したが、第1級殺人罪で終身刑が言い渡されている。

no title

http://japan.techinsight.jp/2017/02/yokote201702031636.html
http://japan.techinsight.jp/2017/02/yokote201702031636.html/2

【【殺人】4歳の男の子、生卵を床に落とした結果 殺される】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487321073/
英王立国際問題研究所が2月7日に発表した「What Do Europeans Think About Muslim Immigration?と題したリポート

「イスラム圏からの、これ以上の移民流入を停止するべきか」という問いに対し、10カ国平均で実に55%が「停止すべき」と答えた。

今回の調査で対象としたのは、英国、フランス、ドイツ、ベルギー、ギリシャ、スペイン、イタリア、オーストリア、ハンガリー、ポーランドの10カ国。

その中で「停止すべき」と回答した割合が最も高かったのが、ポーランドの71%で、オーストリアの65%、ハンガリーの64%が続いた。

10カ国すべてで、「停止すべき」が「停止すべきでない」を上回った。

今回の調査を担当し、リポートをまとめた筆者の一人であるマシュー・グッドウィン英ケント大学教授は、「衝撃の結果だった」と述べている。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/021500575/?rt=nocnt

【【衝撃】欧州10カ国、移民反対が過半数にwwwwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ