:
1: まとめの名無し 2016/07/07(木) 22:49:42.96 ID:QowB0LV60 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
 昨年最大の破綻となった船舶会社の倒産事件で、メガバンクトップの三菱東京UFJ銀行の幹部を含む複数の
行員が、銀座の高級クラブなどで接待を繰り返し受けていたことが、週刊文春の取材でわかった。

 ユナイテッドオーシャン・グループ(UOG)は、昨年11月、三菱などの銀行団によって会社更生法適用申請を
申立てられ、大晦日に更生手続き開始が決定。負債総額約1400億円の昨年最大の大型破綻となった。
三菱は、UOGに10年間で約730億円を融資し、当時の小山田隆副頭取(現・頭取)が融資契約の調印式に
出席するなど蜜月関係にあった。UOGの社長によれば、こうした融資の過程で、新橋支社長(当時)を含む
6人の行員に対し、銀座の寿司屋や割烹、高級クラブなどで接待。さらに、社長の海外出張中には、
行員は自分たちだけでクラブに飲みに行き、
その飲み代をUOGにツケ回しするなどしており、単純計算でその総額は1000万円を超えるという。

 三菱東京UFJ銀行広報部は、次のように回答した。

「接待に関しては、これまでの社内調査の結果、社内規定に照らして、
ルール違反の事例があったことは事実であり、適正に対応しております」

 ただ、当該の行員たちは、今も処分を受けないまま働いているという。UOGの破綻を巡っては、
150億円もの“不適切融資”があったことも週刊文春の取材で判明しており、
自ら融資に関わってきた小山田頭取も含め、三菱の説明責任が求められている。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6329
no title

【【驚愕】 1000万円の接待で730億円の融資を勝ち取った結果wwwwwww】の続きを読む