誠に勝手ながら記事は削除しました。
申し訳ありません。