はじ速 2chまとめ

  • Twitter
  • RSS

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1470821011/
1: まとめの名無し 2016/08/10(水) 18:23:31.74 ID:CAP_USER9
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160810-00000021-ann-soci
テレビ朝日系(ANN) 8月10日(水)17時25分配信

 女性は、海に潜ることができる水中スクーターで遊んでいました。

 9日午後4時ごろ、神奈川県三浦市の小網代湾で「女性が水上バイクとぶつかった」と119番通報がありました。横須賀海上保安部などによりますと、女性(39)は会社の同僚ら約20人で訪れていましたが、モーターが付いていて海に潜ることができる水中スクーターで遊んでいたところ、同僚男性(44)が運転していた水上バイクにぶつかったということです。女性は同僚らに救助されましたが、くも膜下出血の重傷です。男性は「女性に気が付かなかった」と話していて、海上保安部が事故の原因を調べています。
これが水中スクーター

no title

これが水上バイク

はねられたら堪んない

no title

【水中スクーターの女性が水上バイクにはねられ重傷】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1470755918/
1: まとめの名無し 2016/08/10(水) 00:18:38.24 ID:CAP_USER9
 東京都の小池百合子知事が9日、朝日新聞のインタビューに応じ、2020年東京五輪・パラリンピックに向けたたばこの受動喫煙対策について、「何らかの制度を主催都市の責任でやるべきだ」と述べ、前向きに取り組む考えを明らかにした。

 04年のアテネ五輪以降、開催都市が罰則付きの法令を定めるなどの対応をとっており、国際オリンピック委員会(IOC)と世界保健機関(WHO)は「たばこのない五輪」の推進で合意している。
舛添要一前知事は受動喫煙防止条例の制定に前向きだったが、今年5月に「国全体で検討して欲しい」として、一転して見送った経緯がある。

 小池氏は「国際標準にあわせられるよう、どのような措置が一番いいのか検討する」とし、受動喫煙対策をとらない施設管理者を罰則付きで規制する新法を議論中の国との連携や都としての条例化など、今後方策を探るという。

http://www.asahi.com/articles/ASJ8946M7J89UTIL021.html
2016年8月9日19時20分

★1が立った日時:2016/08/09(火) 19:32:10.46
前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1470738730/
no title

【「たばこのない五輪」へ、小池知事が受動喫煙対策に前向き】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1470794293/
1: まとめの名無し 2016/08/10(水) 10:58:13.45 ID:CAP_USER9
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0302850.html

 新千歳空港の保安検査場で5日、女性客が金属探知機を通らずに保安区域(搭乗待合室)に入ったトラブルで、機械で搭乗券が読み取れなかった女性客に対して、警備会社の検査員や航空会社の案内係が数分間にわたり目を離し、別の業務をしていたことが9日、国土交通省などへの取材で分かった。同省は女性客がその間に探知機横をすり抜けたとみており、全国の空港に対し、検査場での監視体制の強化を指示した。

 同省航空保安対策室などによると、5日昼、女性客が保安検査場で搭乗券の代わりにスマートフォンの画面を機械にかざしたが、反応しなかったため、検査員は女性客に待機してもらい、航空会社の案内係に対応を頼んだという。だが案内係はほかの客の対応中で、検査員も検査業務に戻ったため、女性客は数分間、空港職員の目に触れない状態だった。

 案内係が到着した際には女性客はおらず、防犯カメラで探知機横の通路をすり抜けていたことが判明。女性客は既にAIRDO(エア・ドゥ)の羽田便に搭乗し、出発していたという。同社はその後、搭乗券の購入記録などから女性客を特定した。

 関係者によると、女性客は電話での聞き取りに対し、「出発時間が迫っていて焦ってしまった。どう保安区域内に入ったかは覚えていない」などと話しているという。
no title

【新千歳空港すり抜けて混乱させた女性客のすり抜けた理由wwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1470782169/
1: まとめの名無し 2016/08/10(水) 07:36:09.36 ID:CAP_USER9
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201608/sp/0009371914.shtml

 小学校の女性更衣室にカメラを設置した疑いがあるとして、兵庫県警が南あわじ市立小学校の50代の男性校長から任意で事情を聴いていることが9日、関係者への取材で分かった。校長は同市教委に「盗撮する目的だった」と説明したといい、県警は建造物侵入容疑や県迷惑防止条例違反容疑に当たる可能性もあるとみて、裏付け捜査を進めている。

 関係者によると、男性校長は7月、学校内にある女性教諭用の更衣室にカメラを設置した疑いが持たれている。女性教諭がカメラに気付き、同市教委に報告。市教委の調査に校長は盗撮目的だったことを認め、南あわじ署に名乗り出たという。

 県警はカメラに残されていた記録の解析などを進めている。

 関係者への取材では、市教委は8日夜、保護者らを対象にした会合で「校長が不祥事を起こした。警察の捜査中なので詳細は話せない」と説明したという。市教委は、神戸新聞社の取材に対し「現時点では何もお答えできない」としている。
no title

【小学校女性更衣室にカメラ→これを設置したのが・・・・】の続きを読む

http://hayabusa8.2ch.sc/test/read.cgi/news/1470311656/
1: まとめの名無し 2016/08/04(木) 20:54:16.54 ID:z/v9x0Fv0 BE:528692727-BRZ(11000) ポイント特典
 昨年9月、翁長雄志知事は国連人権理事会において「沖縄の自己決定権が蔑ろにされている」と訴えた。
国際法で保障された民族(人民)の自己決定権は、内的自己決定権(自治)と外的自己決定権(独立)に分かれる。
民主主義的な手続きでどんなに基地撤廃を訴えても日本政府が琉球人の人権を蔑ろにするのであれば、琉球人は
独立への過程を平和的に進める権利を持っている。辺野古新基地建設を強行し、日米地位協定を改正しない日本
政府の頑なな姿勢が独立運動に拍車をかけている。

 独立は次のようなプロセスで進むだろう。沖縄県議会が、国連脱植民地化特別委員会の「非自治地域」リストに
「沖縄県」を加えることを求める決議案を採択。同リストに登録された後、国連の支援を得ながら独立を準備する。
 国連監視下で住民投票を実施し、独立支持の有権者が過半数を占めれば、世界に独立を宣言する。
 世界の国々が国家承認し、国連の加盟国になる。その際、世界に住むウチナーンチューが自国の政府に働きかけて
琉球国の国家承認を促す。

 琉球独立は「分離独立」ではなく「復国」となる。琉球国は1879年まで存在していたが、日本政府がそれを解体した。
私が『琉球独立宣言』(講談社文庫)で明らかにしたように日本政府は現在まで琉球国の存在を認めていない。
しかし近年琉球では「琉球併合は国際法違反」であり、米国、仏国、蘭国と琉球国が締結した修好条約原本の返還を
求める声が高まっている。「復国」はかつての王制ではなく、立憲主義に基づく非武装中立を掲げた連邦共和制の国に
なるだろう。今、安倍政権が捨て去ろうとしている「憲法9条」を琉球国は自らの憲法の柱にして、独立後、「琉球の平和」
が回復される。

 2013年5月、琉球民族独立総合研究学会が設立された。
基地を廃絶し、植民地支配から脱却するための独立という選択肢が、夢物語ではなく、実現可能なものであると考える人が増えてきた。
地元紙でも独立を含む「自己決定権」という言葉が日常的に使われ、一般市民が口にするようになった。

 日本は米国から独立したと言えるのか。琉球独立運動は日本の今を映す鏡である。(寄稿/龍谷大学教授・松島泰勝)

http://dot.asahi.com/aera/2016062300186.html
no title

【沖縄県、日本による植民地支配から脱却へ 独立への具体的なプラン示す】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1470566430/
1: まとめの名無し 2016/08/07(日) 19:40:30.56 ID:CAP_USER9
9月1日は、1年の中で少年少女の自殺がもっとも多い日である。
夏休みが終わり、新学期が始まるその日に自ら命を絶つのは、彼ら彼女らを絶望の淵に立たせる深い闇が関係している。
精神的・肉体的虐待、性暴力、そして貧困や学校でのイジメなどさまざまな要素が複雑に絡み合い、10代20代の若年女子たちの心を蝕んでいるのだ。
それがときに自殺などの自傷行為に走らせたり、カラダを売ることによって承認欲求を満たし、生活の糧にせざるを得ない状況がある。
そんな女子たちを救おうと、これまで3000人以上の女子に寄り添って話を聞いてきたNPO法人『BONDプロジェクト』代表の橘ジュン氏が、
このほど『最下層女子校生~無関心社会の罪~』(小学館新書)を上梓した。橘氏に若い女性たちが抱える「闇」について聞いた。

 * * *
──今の少女たちを取り巻く環境はそんなに厳しいものなのですか。

「相談したくても相談できない子が増えています。
そういう子は、既存の制度からもこぼれ落ちてしまい、社会の統計からも消されて“透明”のような存在として、家族や学校、社会からもなかったことにされていくのです。
DVなどの家庭的な事情、それに伴う精神疾患や体調不良、性被害を受けたことによる自尊心の欠如、親が貧困のため経済的に困窮状態にあるなどで、
居場所を失い、孤立感に苛まれ、“生きづらさ”を抱えています」

──昔はレディス(女暴走族)などエネルギーを外で発散していたと記憶しています。

「当時から、私はそういう子たちをずっと取材し続けてきましたが、その当時の彼女らと現代に生きる女の子たちはかなり違うように感じます。
仰るように当時の彼女たちは怒りや不条理なことがあると、それを外に向けて発散していました。
しかし、現代に生きる女の子たちはほとんどが内向きです。
常に受け身で自己肯定感が少なく、“自分なんて生まれてこなければ良かった” “自分なんてどうなってもいい”と自信を失っています。
それが自傷行為やカラダを売ることで“自分は他人に必要とされている”と自分を納得させています」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160807-00000023-pseven-soci
NEWS ポストセブン 8月7日(日)16時0分配信

http://amd.c.yimg.jp/im_siggw0_VBjfu4sSea_tKgiKB2Q---x267-y400-q90/amd/20160807-00000023-pseven-000-1-view.jpg
現代を生きる女の子たちはほとんどが内向き
no title

4: まとめの名無し 2016/08/07(日) 19:41:30.99 ID:CAP_USER9
──昔は援助交際というと、欲しいものを買うためにやっているというイメージがありました。

「もちろん、そういう子もいます。でも、私が話を聞いた子で多いのは、お金ももらわずに、自分が必要とされるならと、
唯一そこだけが自分を肯定してもらえる場所だっていって知らない男に抱かれるんですよ。
お金をもらうにしたって、せいぜい2万円です。しかも、ホテル代込みです。
それどころか5000円や3000円でカラダを許しちゃう。私に言わせれば、
自己肯定感が低い子が肯定されるために援助交際するのって立派な自傷行為だと思います」

──何か、信じられないような話ですね。

「一見、何も問題のないような子でも心に深い傷を負い、“死にたい”と口にする子もいます。
医者の娘さんで貧困とは無縁。子どもの頃から、“医者になれ”とスパルタ教育を受けていました。
とても優秀な有名私立大学附属中学に合格したんですが、父親が望んでいた第1志望の学校だけ落ちてしまった。
そうしたら、親からは”バカ”呼ばわりされて、存在を無視されています。
もっぱら親の愛は出来のいい弟の方に偏重して、彼女は家の中に居場所を失っています。
それが“死にたい”という言葉を吐かせるんです。だけど、親も学校の先生も彼女の悩みを理解できないんですね」

──それにしても壮絶すぎる人生を送っている女子がこんなに多数いるとは驚きです。

「ある地方都市で話を聞いた女の子は、母親の命令で小学校さえ通わせてもらっていませんでした。
バスも電車にも乗ったことがないから、最寄り駅やバス停がわからないんですね。徒歩圏内と自宅しか社会を知らないんです。
自分の名前を漢字で書くこともできない。
母親に働いてみたいと直訴しても“小学校も出てないで字も書けない奴が働けるわけがないだろう!”って。完全な虐待です。

それで私のNPOにメールでSOSを送ってきたんですが、いざとなると一歩が踏み出せないんです。
やはり、徒歩圏内と自宅のみで生きてきたから怖いんですね。
それに彼女の人生をメチャメチャにしたはずの母親を恨むどころか、心配ばかりするんです。
母親に認められたいという気持ちが強いんですね。話を聞いていて、切なくなってしまいました」

9: まとめの名無し 2016/08/07(日) 19:42:35.33 ID:CAP_USER9
──イジメも社会問題化しています。

「やはり、私が話を聞いた女の子のケースですが、小学校から専門学校時代までずっとイジメられ続けていました。
母親に相談しても見て見ぬふりだったそうです。
中学校を卒業して、誰も行かないような高校へ進学して、ようやくイジメから逃げられるかと思ったら、女ボス的な存在の子に目を付けられて、
やはりイジメのターゲットにされてしまいました。
ひどいのは、高2の時、そのイジメの首謀者の罠で4人のヤンキー男たちにレイプされてしまうんです。
それがきっかけで“自分は汚れてしまった”という罪の意識を未だに持ち続け、立ち直れていません。

この他にも妊娠したものの相手の男が逃げちゃったり、
実の父親の子どもを2度も堕胎させられたりといった女の子が登場しますが、氷山の一角だと思っています。
悩んでいる女の子たちには、絶対に死なないでと言いたいです。
辛い気持ちは私たちが聞いて寄り添って、場合によっては行政につなげることもします。
生きていれば楽しい時間もいっぱいあるということを知って欲しい。だからくれぐれも早まった行動だけはしないで欲しいですね」

【最下層女子校生 必要とされるなら知らない男に抱かれる】の続きを読む

このページのトップヘ