はじ速 2chまとめ

  • Twitter
  • RSS

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490794795/
日本忍者協議会は、忍者コンテンツに関する世界規模の調査「忍者グローバル調査」の結果を発表した。

調査対象は中国、台湾、香港、タイ、マレーシア、インドネシア、米国、オーストラリア、フランス、ドイツの各国200人。国内300人。

「忍者を知っているか」を尋ねたところ、「よく知っている」「少し知っている」「名前を聞いたことがある程度」を含め、海外10か国全体での忍者の認知度が98.7%だった。

「忍者が現存している」と回答した人は、63.1%だった。

忍者を認知している人を対象に、「忍者になりたいか」を尋ねた結果では、49.6%が「忍者になりたい」と答えた。

http://www.excite.co.jp/News/lifestyle/20170329/Cycle_style_46765.html

【海外の「忍者の認知度」98.7%wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490810919/
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170330-00000011-jnn-soci

医学用語でいう「色覚異常」。男性の20人に1人ほどの割合であらわれます。

色覚異常は赤と緑、茶色と緑などの区別がつきにくく、人によっては、こうした赤と黒の表示も読みにくいなどの特徴がありますが、その程度や見え方は人それぞれ。

遺伝によって、男性のおよそ20人に1人、女性の500人に1人の割合であらわれ、今の医学で治療することは出来ません。



色覚検査は2003年に、小学校で義務ではなくなりました。それは検査が差別を助長するなどとされたからです。



一橋大学4年の武智研吾さん(22)。赤と緑などが見分けにくい軽度の色覚異常です。

実は武智さんが初めて異常を知ったのは、わずか1年前のこと。きっかけは、鉄道会社の採用試験で行われた健康診断でした。

幼い頃には「鉄道の運転士」という夢を持っていた武智さん。

しかし、現在、安全性などの面から、鉄道の運転士やパイロット、警察官などの採用では、色覚による制限が設けられています。

「運転士とか車掌とかの仕事ができるならいいなと思って受けたので、配属されなくなるのかと思ったときに、ちょっとさみしいなと」(武智研吾さん)

鉄道会社の試験を辞退し、希望の不動産関係の会社に内定した武智さんですが、色覚について「もっと早く知りたかった」と話します。

「(早めに)知っておけば良かったかな。就職活動中に、うろたえることはなかっただろうな。」

「自分が色覚異常と分かってから振り返ると、黒板に書いてある赤いチョークの文字が読めなかった。見えないので(ノートに)書いていませんでした。

席が隣の人に聞くとか、赤い所はなんて書いてあるのと。視力が悪いせいで見えていなかったとずっと思っていた」

【【衝撃】男性の20人に1人は色覚異常らしい・・・ (※色覚異常かどうか分かる画像付き)】の続きを読む

http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490793218/

「絶対安全だと思っていた」--。
「絶対安全だと思っていた」--。

安全と判断した根拠については自らの「経験則」という言葉を繰り返す一方、教え子を失った事実に声を震わせ、頭を下げて記者会見場を後にした。



「絶対安全だと思っていた」--。
「春山登山」の安全講習会で現場責任者を務めた県高体連登山専門部の猪瀬修一委員長(50)は、 大田原高校山岳部の顧問で指導歴は20年以上というベテラン。

委員長は事故当時はスキー場近くの旅館に構えた本部にいて、出発前で別の場所にいた登山経験が豊富な教員2人と話し合って中止を決めた。

代わりにラッセル訓練を行うことを27日早朝に決めたが、ラッセル訓練のルートや危険性について協議することはなく、引率教諭が独自に判断し、どこまで登っていったのかを把握していなかったとしたという。

また、雪の中で位置情報を知らせる電波発信機(ビーコン)を装備していなかった点については、

「雪崩の危険性のある登山には必要だが、高校生は(危険な山には)行かない。
全国的にもそうだと認識している」


と釈明した。

http://mainichi.jp/articles/20170330/k00/00m/040/132000c

no title
【【那須スキー場雪崩事故】猪瀬修一委員長「絶対安全だと思っていた」「安全だと判断した根拠は経験則」】の続きを読む

このページのトップヘ